#スシブリ
世界から日本へ寿司レボリューション2.0

Sushi burrito

beeatの寿司ブリトーは、マグロ、サーモンの生ものはもとより、フライドチキンやカレー、オマールエビなど多種多様な素材を使用し11種類もの味を楽しめるようになっております。ミシュランシェフ水口一義監修のもと、構成・素材にこだわりぬいた洗練された寿司ブリトーは他と一線を画す味わいとなっています。
また、beeatの寿司ブリトーはすべて時価(ダイナミクスプライシング)となっております!その日の素材や時間帯などによってAIが価格を決める試みをしております。
beeatはテイクアウト専門店のため、パッケージは持ち帰りがしやすくギフトしても送れるようスイーツのような梱包になっております。が、2次元バーコード付のレシートが独特の世界観を生み出しています。

サーモンブリトー
華の中にシャケ一輪!
サーモンブリトー
サーモン・イン・ブルーム
¥1,080
注文する
炙り煮穴子ブリトー
そしてあなたはいい夢を見る!
炙り煮穴子ブリトー
アナゴ・ジーズ・ドリームス
¥1,180
注文する
フライドチキンブリトー
ランチタイム最終決戦!
フライドチキンブリトー
フライドチキン・アーマゲドン
¥980
注文する
ハンバーグブリトー
君のことが忘れられない!
ハンバーグブリトー
ハンバーグ・スティル・ラヴィン・ユー
¥1,080
注文する
あら挽牛肉のカレーブリトー
ココロの隙間の鎮痛剤!
あら挽牛肉のカレーブリトー
ビーフカリー・ペインキラー
¥1,080
注文する
牛焼肉ブリトー
パワーみなぎらぁ!
牛焼肉ブリトー
バーベキュー・オブ・エンターサンドマン
¥1,180
注文する
巻き芯エビカツブリトー
マジでエビカツ5秒前!
巻き芯エビカツブリトー
フライドシュリンプ・ライブワイアー
¥1,180
注文する
オマールクリームコロッケブリトー
王様の食卓!
オマールクリームコロッケブリトー
オマール・キング・オブ・キングス
¥1,380~
注文する
蟹クリームコロッケブリトー
甲殻機動隊!
蟹クリームコロッケブリトー
カニクリーム・ザ・トゥルーパー
¥1,380~
注文する
ベジタリアンブリトー
罪なき楽園!
ベジタリアンブリトー
ヴィーガン・パラダイスシティ
¥980~
注文する
わかめスープ
和風ハマグリスープ
¥500
注文する
パラダイスティー
パラダイスティー
¥200
注文する

Chef

監修シェフ 水口一義
武蔵野調理師専門学校を卒業後、フランス料理の世界へ。
有名ホテルで経験を積み、1995年に若干31歳でシェフに就任。
1995年「フランス食品振興会主催(SOPEXA)フランス料理コンクール」でグランプリに輝く。
1997年、フランス料理の世界大会「ボキューズ・ドール」に日本代表として出場。
2000年よりハウスウェディングという新しいコンセプトの基でウェディング料理を考案。「フレンチジャポネ」の走りを作り先駆者として広めてきた。
2004年に東京西麻布にレストラン「ラ・ボンバンス」をオープン。翌年ミシュラン1つ星獲得。
2012年『上樵木町 ボウ・デパール』グランシェフに就任。日本から発信する新しいフレンチ「京キュイジーヌ」を提唱。
それは五感で堪能する芸術的な逸品であり、身体にも配慮が行き届いた優しい美食。
店舗写真1

beeat system

beeatの店舗内はオンラインでのオーダー+キャッシュレスの為レジスターや注文を受ける店員はおりません。受渡しはサービングボックス内の商品を受け取るだけですので非常にスムーズです。
オーダー時に調理の出来上がり時間がわかり、時間指定も行えるためお客様は有意義に時間を使うことが出来ます。
また、ボックス内のLEDと上部のサイネージでお客様のオーダーのステータスが確認でき、店内は光とデジタルの演出であふれています。簡単オーダー・簡単受取。ドライブスルーならぬ、ウォークスルーをぜひ体感してみてください!

STEP 1
オーダーサイトにアクセス
STEP 2
ユーザー登録しよう!
STEP 3
注文しよう!
STEP 4
受け取ろう!

about

beeatは2018年11月に東京・秋葉原にてオープンする日本初の寿司ブリトー専門店です。 また、beeatはキャッシュレスやモバイル決済・対面無人など、近い未来の飲食店テクノロジーのショールームでもあります。
食べるをよりComfortableに、“これから”を発信する場所としてbeeatは三つのConceptで店舗を形成しています。

  1. Harmony of culture
  2. Tech for comfortability
  3. Interface for future experience

たぶん、あまり見慣れない食とデザインがそこにあるでしょう。
未来の外食カルチャーをぜひお楽しみください。

  • Harmony of culture (ハーモニー) 「いま、世界を一つに感じる食を―」
    もともと寿司ブリトーは日本の巻きずしとメキシコのブリトーのスタイルを融合した、アメリカ西海岸発祥のファストフードです。 寿司を醤油もつけず、歩きながら片手でブリトーのように食べるというスタイルを確立し、いまやヨーロッパ、オーストラリア、中東にまで広 まっています。僕たちは寿司の文化をよく知るがゆえに、世界の寿司事情がどのようなものか関心はあまりないと思います。 しかし、ラーメンもピザもその発祥国以外で独自の発展をし、世界に広まっています。食文化の融合を体現している寿司ブリトーはグローバリズムやダイバーシティの象徴となるフードです。 それは、厳しい国際競争社会や移民問題を物語るものではなく、様々な人々や文化を認め合う喜びを僕たちに与えてくれています。
  • Tech for comfortability (テクノロジー)
    「もっと食を楽しみたい。もっと職を楽しみたい。」 通常オフィスワーカーのランチタイム(昼休み)は1時間程度。その決められた時間の中でどれだけリフレッシュできるか。僕たちは注文・決済をオンライン化することで、店舗から行列をなくし、専用のサービングボックスを設置することで受取もスムーズに 行えるようにしました。食事により多くの時間を楽しんでもらう。行列を作って人気店に見せるより大切なことだと思っています。また、beeatで働くスタッフは1つ1つの調理のペース配分が決められ、かつ決済や接客などを行わなくてよいので無理なく業務に専念でき ます。忙しそうな飲食店も絵になりますが、心地よい職場というものは、料理や場の雰囲気を通してお客様にも伝わります。僕たちにとってテクノロジーはおいしい場所と時間を作り上げる為の最高のスパイスなのです。
  • Interface for future experience (フューチャー) 「リアルtoバーチャル、バーチャルtoリアル」
    beeatの店舗内に足を踏み入れた途端、誰もそこが飲食店であると思わないでしょう。 四角い格子にはめこまれたLEDがナイトクラブ(より派手かも)のごとく光をはなっています。スマホでオーダー画面を開くと、普通に飲食店においてあるようなメニューページがあり、誰もが親しみやすくオーダーできます。そして、格子上の棚に2次元バーコードのついたパッケージがおかれ、自分の名前がAIによりアナウンスされると。。 それはまるでバーチャル空間からリアル空間へ自分の商品が届けられた気分になります。箱を開ければ色とりどりのラッピングがブリトーを演出し、キュートな仕上がりに。 新しい食体感をみんなで楽しみたいと願っています。

contact

Detail